遠征観光にっき(金沢・名古屋編)

この6月は舞台を観劇するために金沢と名古屋に遠征してきました。ついでに市街地を観光した記録です。

 

▽目次

 

癒しの観光地

まずは、金沢。

一度は行ってみたいと思っていたところだったので公演スケジュールを見て遠征即決。

 

当日は天気にも恵まれて、これは観光日和ですぞ〜と意気揚々降り立ったのですが、梅雨時期の金沢は死ぬほど蒸し暑い。30度でも湿度に息の根を止められる。勉強になりました。

観光してそのまま劇場に向かう予定が耐えきれず宿泊するホテルにシャワーしに駆け込んでました笑。汗だくで隣の方に迷惑かけるよりいいよね!本当に暑かった…

 

あと、兼六園などの観光スポットに入ってしまうとコンビニがないです。駅周辺やホテルが立ち並ぶ香林坊のコンビニでしっかり準備していくと良いかも。

バスはたくさんあるけど、待ち時間が長いので2〜3駅なら歩いた方が早いです。

旅行ガイドに載ってる地図を見ると遠く見えますが、一時間半もあれば歩いて一周できると思います!バスに乗ってるよりいろいろ見たり寄り道しながら歩いてる方が楽しいね。

 

何はともあれ、金沢は緑がたくさんあって、建物が軒並み綺麗で(水戸とか仙台みたいな都会感。フォーラスあるし)空気も気持ちが良くて、観光客にも優しいしとっても癒しでした。

 

金沢歌劇座について

 

f:id:cherry14b:20190706200123j:image

今回の旅の目的地、金沢歌劇座

キャパの割にはこじんまりしていて見やすい劇場でした。前方席から緩やかなスロープがついてるので奥の席でも安心。

音響はあまりよくないのと客電下りていても明るい気がしました。これは演出によると思いますが演劇向きではないかも。

前述の通りコンビニや飲食店が少ないので全て済ませてから向かうと良いと思います。

 

金沢観光スポット

 

兼六園

f:id:cherry14b:20190703220020j:image

城に向かうまでの心臓破りの坂は旅行に来たおじいちゃんおばあちゃんどうしてるんだろう。かなり急だけど。健康な人向けダンジョン。

お庭は計算された美しさを感じました。秋は紅葉が綺麗なんだろうなぁ。そしてここでも暑くて茶店に逃げ込む根性なし。

 

石浦神社

f:id:cherry14b:20190708233511j:image

兼六園をぐるっと一周して真弓坂口から出て向かいの神社。ガイドブックで可愛い水玉のお守りがあると聞いて参拝。水玉守りは30色くらいある中から選べます。持ってるだけで気分があがる!同じ水玉柄で御朱印帳もあった。可愛い。

 

武家屋敷跡

f:id:cherry14b:20190703220640j:image

趣のある塀がずーっと広がっていて、わくわく冒険感がありました。平日の夕方だったためか(ホテルに涼しくなるまで逃げてた)空いててゆったり散歩できました。
f:id:cherry14b:20190703220642j:image

これは外国人観光客歓喜。忍者サムライ出てきそう。

 

尾山神社

f:id:cherry14b:20190706130428j:image

f:id:cherry14b:20190706130343j:image

和洋折衷モダンな神門に惹かれて思わず立ち寄ってました!境内の奥がジブリみたいなちょっとした森のようになっていて自然な雰囲気に癒されました。蒸し暑さが軽減されていて空気が良い。癒し。

 

金沢市街地は他にも心くすぐるレトロな建築がたくさんでした。

f:id:cherry14b:20190703222220j:image


f:id:cherry14b:20190703222224j:image

 

 

金沢ごはん

 

8番らーめん

f:id:cherry14b:20190703221644j:image

一押し味噌野菜らーめんをいただきました。味噌が濃厚、でも脂っぽくないのでラーメン苦手な人でも食べれる。かまぼこ美味しい。

旅行で不足しがちな野菜も取れて650円はコスパ良すぎ。

 

茶房 素心

f:id:cherry14b:20190703221800j:image

東茶屋街インスタ映えカフェ

甘いもの苦手でも完食できる甘さと量で素晴らしい。見た目の可愛さだけでなくあっさりでとっても美味しかった!

f:id:cherry14b:20190703222006j:image

店内二階からの眺め。フォトジェニックってやつですね。

 

 

名古屋は迷路

続いて名古屋。

事前に調べたフォトジェニックなスポットに行きたくて、地下鉄乗り場に向かったらあまりの路線の多さにびっくり。

これ一人で旅行に来てたら謎すぎてたどり着けないのでは!?完全に初見殺しな路線図

駅周辺は乗り換え案内の看板がたくさんあるので親切ではあります。横浜よりはわかりやすい。

 

ともあれ電車を乗り継いで(バスのが行きやすいぽい?)目的の名古屋市市政資料館へ。

f:id:cherry14b:20190706201949j:image

ステンドグラスが綺麗な洋館。レンガづくりが雰囲気出てました。もともとは裁判所だったようで施設がそのまま残ってます。名古屋市の資料もたくさん展示されていてなかなか見ごたえありました。

 

名古屋食はスガキヤ

f:id:cherry14b:20190706161347j:image

各地のソウルフードならぬソウルラーメンを食べあさるおたく。

関東で言う幸楽苑日高屋的な立ち位置なのかな。さっぱりスープなので食欲なくてもつるっといけそう。チャーシューが肉厚で美味しい。

 

以上。おわり。

また遠征する機会はあるのかな〜

舞台感想『良い子はみんなご褒美がもらえる』

「良い子はみんなご褒美がもらえる」東京公演、観劇して来ました。

 

 

お目当てはA.B.C-Z橋本良亮くん!

橋本くんの出る外部舞台を観るのはDEATH TRAPぶりなので約二年くらい観てないのかなぁ。

e+の解除し忘れたメールマガジンでこの公演を知って、まんまと乗せられてしまいました。広告って大事ですね。

 

舞台の感想からは逸れますが、私は橋本くんの歌声が好きです。

A.B.C-Zのアルバム「ABC STAR LINE」に収録されている「Crazy about you」という橋本くんのソロ曲を初めて聞いた時、なんてせつない歌声なんだ!!と感動しました。

橋本くんの歌声は感情表現が豊か。彼の繊細な甘い歌声に包まれた時の心地よさがたまらないのです。切ない恋の歌を歌わせたら天下一品です。ジャニーズ界の西野カナやん。

それ以来、彼の歌やお芝居による感情表現に注目しております。

 

今回の舞台は35人のオーケストラとのコラボレーションというところに惹かれ観劇することにしました。

 

内容は長台詞や比喩がたくさんあってとてもじゃないけど1回の観劇で全ての内容は理解できませんでしたが、オーケストラの奏でる壮大な音楽と数名の登場人物のみがぽつぽつと話す静寂な空間のギャップが刺激的でした。(内心は難しいセリフを頭の中で噛み砕くのに必死)

 

海外の演出家の舞台を観る機会はあまりないのでそこも面白かったです。英国紳士の「君がそうなら別にいいんだよ?まぁ僕はこうだけどね??」ってスレッスレの風刺ジョークを入れてくるかんじ、くせになりそう。

 

上演時間は1時間と短めですが、様々な感情やテーマがぎゅっと詰まったとても濃い時間でした。

特にこれは…!と思ったシーンは、頭の中で常にオーケストラの音楽が響く病にかかってる橋本くんのイワノフが、ふとしたきっかけで「オーケストラはいるんだ!」と自分を肯定した瞬間。

その一言だけで、それまで鬱陶しくて仕方のなかったオーケストラの不協和音が突然心地よい音楽に変わって、自分の中にある異質に対して反発していたのが共存に変わるんです。これは気持ち良い。

 

自分の思うようにいかなかったり、みんながやってる「普通」なことができなかったりって結構あると思うんですが、でも何かの瞬間、別にいいじゃんって開き直れるとパッと道が開けるの不思議ですよね。自分がどうしたいかを満たすために人間って生きてるんだなぁ。

 

それと合わせて、すごいなと思ったのはカーテンコールで出演者がバックで演奏されてるオーケストラを紹介して拍手をされていた時。

 

拍手自体は普通のことですが、橋本くんはオーケストラや出演者、観客と劇場にいる全ての人に向けてずーーっと拍手をしたまま袖にはけていかれたんです。

そのお姿が演者であると同時にご自身も客席で舞台を楽しんでいる観客のように見えてびっくりしました。腰が低いとはまた違う、客観的で自然体な姿勢。

そういった「普通」の役者さんがしないことでも自分が良いと思ったことができる橋本くんはとても魅力的な人だと思いました。

 

また時間が取れた時ははしパラ(橋本くんのソロコンサート)や舞台観劇したいです。

誕生日とおしゃべり写真集の話

先日、担当様がお誕生日を迎えました。

24歳おめでとうございます。

 

お祝いムードのTLな中「大事なお知らせ」があるという旨のツイートが。

誕生日の日のお知らせだしきっと良い事だろう!と思っていましたが、幾度となく大事なお知らせを目にしてきてるおたくには心臓に悪すぎるよ。いたずらドSボーイ(´;ω;`)(´;ω;`)

 

結局、大事なお知らせはファースト写真集発売の告知でした。ふぅ。命拾いした…………いや、してない。

ここでネットニュースに掲載された写真集QUIET!の表紙をご覧ください。

 

透明感がすごい!まぶしい!!

お得意?の唇に指を当てるナイショ系小悪魔男子のポーズがあざといです。
肩痛いとか首痛いとかいけめん定番ポージングは様々存在しますが、わたしの好みの顔をしている人は大抵このポーズをしてきます。あるある。

 

そして、沖縄ロケゆえなのかサンプル写真がほぼ薄着。写真集ってこんなに脱がされちゃうものなの!?ご本人いわく本文ではいろいろなお洋服を着ている写真もあるそうで安心しました。心のパンツは脱いでも本物のパンツは脱いだらあかんで!*1

やっぱり子役出身かつ可愛い弟キャラで通ってきている方だと今までのイメージを払拭して、かっこよさや色気なんかを出していきたいと思われるのでしょうか。

そういえば兄貴分である戸谷公人さんみたいな色気が欲しいみたいなことを前におっしゃっていたような。これからどんな素敵な男性になっていくのか。見守らなくては。

 

それからこの写真集、一万字インタビューとオーディオコメンタリー付きの「おしゃべり」満載な写真集らしいです。

自他共に認めるおしゃべりである彼を体現したような写真集!!一粒で二度おいしい!

個人的にトークイベント等で彼のおしゃべりを聞いているのが好きなので、そちらも楽しみです。

おしゃべりと聞くとマシンガンにまくし立てるイメージですが、彼の場合は口調はまったりです。そういえばあんなこと〜あんなこと〜っていろんな話題がぽんぽん出てきて聞いていて飽きないです。頭の回転が早いんですって。うらやましい。

 

 

写真集関連の公式動画が公開されたので(みぞたくと散歩はアミュモバ有料コンテンツ)貼っておきます。ニコニコ笑顔でしゃぶしゃぶを食べてる様子がご覧いただけます。飯テロです。おたくはおあずけです。

おしゃべりしている時はとっても無邪気で可愛らしい方なのですが、板の上に立った時の華のある存在感、完璧に仕上げて毎回同じものを見せてくださる職人気質なところが素敵なんです。

 

以上 溝口琢矢さんの写真集ダイマ記事でした。ちゃんとダイマできてるのかな…次書く機会まで精進します。

 

 

 

*1:橋本マナミさんが篠山紀信さんに撮影してもらった時の話

お洒落カフェ日記 その1

先日の大型連休を利用して、何軒か気になっていたカフェに行くことができたのでその記録です。

ついでにここ最近飲んだお洒落で美味しい飲み物たちも載せていきます。

 

 

f:id:cherry14b:20190512120501j:image

COFFEE VALLEY(池袋)

とにかく飲みやすくて美味しい。苦手な人でも飲めそう。いろんな種類の豆を取り扱っていて、来る度に違った味を楽しめそう。

 

♡ ♡ ♡

 

f:id:cherry14b:20190512120620j:image

本格珈琲 昭和(池袋)

レトロでゆったり落ち着いた店内。おひとり様向き。昭和ブレンドをいただいできました。少し苦味があるけどほっこり落ち着くコーヒーでした。芸劇の近くにあるので、また通う時はお世話になろうかな。

 

♡ ♡ ♡

 

f:id:cherry14b:20190512121105j:image

茶亭 羽當(渋谷)

シフォンケーキが美味しい。カップはもちろん店内の小物も可愛くて、棚に飾ってあるものを見てるだけでも楽しくなる!友達 カップル向け?混んでたけど回転が早くて良かった。

 

♡ ♡ ♡

 

f:id:cherry14b:20190512122550j:image

Drink(銀座)

伊東屋の1階にあるジューススタンド。

フローズンな果実がぎっしり入ってて美味しかった。夏にぴったり。突然ビタミンを摂取したくなって購入。

 

♡ ♡ ♡

 

あと流行りに乗ってゴンチャでタピ活もしました。どこの店舗でもいつも行列ができてるからそんなに美味しいの??って半信半疑並んだら……美味しい。タピの弾力が違う。もちもち。

甘さとかお茶の種類とか色々選べるし、ワンコインでコスパ良い。さすが行列のできるお店は美味しいね。

 

 

手紙 リプライ プレゼントの話

過去に何万回と若手俳優おたくの間で擦られてきたであろうこの話題。

参考になる記事はすでにこの世にたくさんありますが、せっかく俳優おたくブログをやっているので挑戦してみます。

 

思い起こせば、自分が俳優おたくになって右も左もわからない時に、過去の出演作品の事や暗黙のルールみたいなものを仕入れたのは全て先人のブログでした。

この記事もそういった検索から来た迷える(?)おたくのお役に立てたらいいなぁという気持ちで書いていきたいと思います。

 

▽目次

 

初めに、俳優おたくは息を吸うように手紙リププレスタンド花を出すので、この世界ではそれが当たり前なんだと刷り込まれますが(刷り込まれた人)そんなことはないです。

お金や気持ちに余裕がある人は毎回出せばいいし、忙しかったり書くネタがなければ書かなくていいんです!楽しい!贈りたい!という気持ちが一番大事です。ほんとに。感覚麻痺してくるから気をつけて。

 

 

手紙について

 

◆レターセット

これはほぼ同じ物を使ってます。

字を書くのが苦手なので可愛らしい柄よりも書きやすさ重視。差出人が女性なら柄に気遣った方が良いかなと思いますが、男性はたぶん気にしてないと思う笑。

同じもので出せば覚えてもらいやすいという都市伝説は実際俳優さんたちに聞かないとわからないので…便箋は違うものでも毎回同じシールを貼ったりすると良いのかも。

ペンはジェットストリームの0.7mmが好きです。少し太めのが誤魔化しやすい。

 

◇差出人の名前

わたしはリプライも送っているので、本文にはそのアカウントで名乗ってる名前で、封筒には一応本名を書いてます。

これはすごく迷いますよね。「封筒に本名を書くのは礼儀」という先人の教えと身元不明の人間から送られてきたものを開封するのは怖いかな、ということで書くようにしました。

書きたくない派の方も多いので、これも自分がしたい様で良いのだと思います。劇場のプレゼントボックスに入れるのに、住所や本名を書くのは怖いからアカウント名しか書かない!という方や付箋で隠すというアイディアもお見かけしたこともあります。インターネット便利!

 

◆下書き

下書きはする派です。スマホのメール下書きを使って、書きたい内容が思いついた時とかメモするようにしてます。

 

◇出す頻度と枚数

基本劇場のプレゼントボックスに預けてます。 1つの舞台につき1通、その舞台の感想を自分が観劇する最後の日に出すのが目標です。

枚数は2枚半〜3枚くらい。1番多い時で5枚。

手紙を開封させるお手間を取らせるかなと思って、短く多くよりも、長く一回で終わらせてます。

 

◆内容

主に舞台を観た感想を伝えるためにお手紙を書いてます。なので内容はほぼお仕事の感想。

感想だけずらずら書かれても読み手が疲れそうなので、好きな〇〇なんですか?とかおすすめありますか??等の軽い質問を入れつつ、自分はこうですよ〜って少しずつ自己紹介してます。おもしろおかしく自分の周りのことを書ける人はすごい。

 

手紙を書く上で気をつけていることは、とにかく自分の思ったことを正直に書くようにしてます。自分の言葉で一生懸命脳みそ捻って書けば熱意は伝わると信じてる松岡修造です。

相手は何万と恋文を読んできているプロの王子様ですから。下手なお世辞は聞き飽きていると思うので、舞踏会に行くドレスもないボロ切れを纏った庶民は一方通行サーブを全力で投げつけるしかない。

あとわたしの場合は紙の向こうに相手がいて話しかけるようにすると書きやすいです。一方的にですが。指がおしゃべりクソ野郎です(推しは口がおしゃべりク…)

 

◇いつも同じ言葉使っちゃう問題に関しては、「その言葉 言い換え」で検索して違う表現ないかな〜って調べてます。

このよく使いがちな楽しいや嬉しいを別の言葉でまとめた記事は参考になりました。

好き!楽しい!感動!嬉しい表現の関連キーワード一覧!関連キーワード・同義語・類義語の言い回しを変えてブログを飾ろう! | 笑来

 

 

リプライについて

 

舞台とか感想の内容以外のリプがクソリプになりがちなのはもう仕方ない。開き直るしかない。自分の興味のある内容で、これは話しかけたい!と思った時は日常系でもリプライしてます。

その時は送りたい!と思っても数時間後に、またつまらないものを送ってしまった…って自己嫌悪に陥るのやめたい笑。

 

送る時のテンションや言葉遣いは会社の先輩に話しかけるようなイメージです。フレンドリーすぎるのは苦手なのでちょっと言葉遣い堅いかな、くらい。

 

わたしがリプライを送る理由としては、気軽にお仕事の感想やお疲れ様です!応援してます!のメッセージを送れるツールがあるのであれば利用しない手はない、という気持ちが大きいです。

それこそ急に人気者になったりその他事情でSNSが更新できなくなったり、完全にスタッフさんが管理するお仕事情報アカウントになったりすることもあるだろうし。送れるうちに送っておけ、精神です。

手紙だと封を開ける作業とかラグがあったりするので、観劇したその日のうちに感想を送れるのって本当に本当にありがたいことですよね。

 

 

プレゼントについて

 

プレゼントに関してはもう全然送ってないです。なぜならチケットを買うだけで精一杯だから!!

あと、男性って身の回りのものにこだわりを持っていたり、自分で揃えたいって方が多いイメージなので、本当に必要なものでないと要らなそう。それから絶対に個別にお返しできない相手からのプレゼントって嬉しいより申し訳ない気持ちになります。わたしの場合。

いつもSNSでプレありがとう〜!って着用写真バンバンあげてるタイプの方だったら、ごりごりプレゼントしても良いのではないでしょうか。贈り物のセンスがほしい!

 

 

スタンド花について

 

ついでにフラスタについて。

フラスタは一度だけフォロワーさんの企画に乗って出したことがあります。フラワーショップリラさんのハートのフラスタ、可愛いと好評でした。

お花はロビーが華やかでいい匂いに包まれるし、俳優さん側も自分あての花が誰よりも多くあったらやる気出るだろうし、余裕があったらまた出したいです。

いつか主演舞台で金額を気にせず大きい胡蝶蘭をどーーーん!と贈るのが密かな野望です。ピンクリップの胡蝶蘭可愛いですよね。頑張ってお金貯めよう。

 

 

ドリフェス!衣装展 まとめ

今まで行ったDear Dreamの衣装展示の写真を載せていくだけの思い出記録です。

青様担当なので全体的に画像が青いです。むしろ真っ青です。自分だけが楽しいやつです。


キャンディブロックR (ソラマチ)

f:id:cherry14b:20190429183718j:image

カラフルなトラシグちゃん

 

f:id:cherry14b:20190429183103j:image

みんな大好き!ひらひらマントの王子様!

 

f:id:cherry14b:20190429183904j:image

ネームプレートに滾るおたく

 

f:id:cherry14b:20190429184342j:image

見えてますよ♡


f:id:cherry14b:20190429184344j:image

慎くんにクレープあげてきました。

 

 

キャンディブロック(ナンジャタウン)

f:id:cherry14b:20190429185641j:image

カラフルトラシグ 再び

この奇抜な柄の服を現実にした衣装さんは本当に凄い

 

f:id:cherry14b:20190429185857j:image

ネクタイがキラキラ


f:id:cherry14b:20190429190748j:image

マネキン氏がムキムキすぎて強そう

 

 

ライジングスター クールプリースト(サイエンスホール)

f:id:cherry14b:20190429202847j:image

大型合わせでレイヤーがやりがちな構図

 

f:id:cherry14b:20190429203152j:image

フレッシュ感溢れるノースリーブ、良き


f:id:cherry14b:20190429202953j:image

もはやなんとかレンジャーにしか見えない

 

f:id:cherry14b:20190429203402j:image

憧れのクールプリースト様、満を辞して降臨

 

f:id:cherry14b:20190429204156j:image

この衣装のブロマイドは家宝にしてます

 

f:id:cherry14b:20190429203308j:image

君に見せたい景色、たくさん見せていただきました。

お疲れ様でした〜!

 

舞台感想『花園 HANAZONO』

4月から座 高円寺で上演された「花園」観劇して参りました。

f:id:cherry14b:20190428185833j:image

まずメインビジュアルが雰囲気があって良いです。展覧会のポスターみたいなお洒落感。

このポスターを載せたいがためにブログを書こうと思ったと言っても過言ではないです。

その割に写真映りが悪いのはわたしのセンスがなさすぎるのと、一人で突っ立ってパシャパシャ写真撮るのが恥ずかしいからです。インスタ女子にはなれない。

 

初めに会場の座 高円寺について。

高円寺がちょっとアクセスしにくいですが、会場自体は駅から線路沿いに一本道でわかりやすかったです。

カフェや飲食店、コンビニ等がたくさんあるので食事には困りませんが暇つぶしする場所はあまりないです。

せっかくなので、劇場近くでここでしか食べれないお店はないかなぁと調べて「山と樹」というラーメン屋さんに行ってきました。

f:id:cherry14b:20190428191324j:image

縮れた太めの麺がもちもちで美味しい!チャーシューは肉厚!あっさりしたスープなので毎日食べられそうです。ちょっと辛口な醤油味でした。

 

会場は二階にカフェがあったり、とてもおしゃれで綺麗でした。トイレは地下にたくさんあって、メイクコーナーと別れていて混雑せずにとても便利。

 

座 高円寺1はキャパ300以下の小劇場で、1番後ろの席でもオペラグラスなしで演者さんの表情が確認できると思います。逆に〜2列目とか前過ぎると見えないところが出てくるので、4〜6列くらいのセンブロが1番見やすいかなと思いました。椅子はまぁ硬いです。仕方ないよね。

 

次に舞台の内容について。

まず、開場時間に劇場内に入ると出演者の方々が舞台でアップをされていました。

天井に話の核となる大きな根のように絡んだ木の枝が吊るされ、軽いスモークと音楽が流れていて、始まる前から幻想的な空間が創られてます。

なんか美術館にいるみたいでした。さすが空想18年。こだわりがすごい。

 

お話はざっくり言うと、息子を失った悲しみで花の怪物となった八条院(悠未ひろさん)という位の高い女性が、自分が主である荘園に人々を誘い込み、操っていたところに、父と兄を探す「私」がまぎれ込んだのをきっかけに園が崩壊。操られていた人々は自分を見つめ直し、探す旅に出る。つまり人生。

 

話の中心となるのは、「私」の歌声に一目惚れした荘園の長 竜胆(溝口琢矢さん)

八条院に操られているせいか、常に厳しい表情をしていて話す内容も冷酷。

ころころ表情の豊かなお芝居が魅力の溝口さんなので、最初観た時になんでこの役のオファーが来たんだ?ん?と思いましたが、話が進むにつれて、心の葛藤や感情を取り戻していく竜胆の表情を観て納得。クールでかっこいい役も良いね。

それとただかっこいいだけでなく、八条院様の母性本能をくすぐるような青年でないといけないので、これははまり役!と思いました。

 

八条院役の悠未ひろ様、怪しげな色気が漂っていて美貌や歌声にうっとりでした。ヴィランズとしてディズニーハロウィンのフロートに乗っていても違和感ないです。そのくらい魅力的な悪(と言っていいのか?)役。ソロステージではオーラに圧倒されて、震えました。

溝口さんは元宝塚の方と共演することが結構あるので、宝塚に興味のある私には嬉しいです。いつか生の宝塚を観たいとずっと思っているのですが、観たら絶対ハマって抜け出せないので行けてません。

 

そういや、この作品で初めて贔屓の役者さんの生キスシーンを目撃したおたくです。今回は可愛らしいぴゅあぴゅあなかんじだったのですが、さらに年齢を重ねたらもっと濃厚なお芝居に挑戦されたりするんですかね…ひゃ〜!

絶対口ついてないキスからのとりあえず並んでベッド入ってるだけの朝チュンしか経験してこなかったジャニオタなので、刺激が強すぎました。恋愛物は苦手なんだなぁ。精神年齢コロコロコミックだから。少コミ読めない。

 

今回もう1組の男女もキスシーンがあったのですが、いやもうそれがすごかった。

強引にか細い女の子の唇を奪っていく多聞(吉高志音さん)におたくは目玉が飛び出ました。

え、これ見てもいいやつ??え??(指の隙間から見るあれ)何回見ても衝撃すぎて慣れませんでした。そのくらい熱が入っていたということでしょうか。

 

吉高さんは今回初めて拝見したのですが、スタイルが良くて、少し濃いめな甘いお顔立ちはもちろん、ビブラートの効いた歌声がロマンチックで、自然な感情表現のお芝居が素敵でした。

まだあまり舞台には出られていないようなので、どこにいたんだこんな逸材!と思って調べたら、あの加藤和樹と同じ事務所で加藤和樹から発声のトレーニングを教わったという記事を発見。納得。リューンにも出られるようなので、これから注目な俳優さんなのかな。

 

 

 

おわり